ご希望の短大・大学・大学院情報を無料で検索できます。

ホームメイト・リサーチTOP

スタディピア
短大・大学・大学院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

秋の大学院情報

大学院徹底解説!大学院とはどんな場所なの?



大学院進学を希望する人が増えています。社会・経済がグローバル化し競争化するなかで、より高度な専門知識や新しい知識を習得・研究する必要性が高まっています。学部生から進学を志す人、社会人から進学を目指す人にとって役立つ、大学院進学のメリットや入試についてご紹介します。

大学院とは、どんな場所?

大学院とは、どんな場所?

大学院とは、大学を卒業した人がさらに深い研究をするところです。

大学院へ進学する場合は、何を学びたいかによって、次のふたつの道が用意されています。それは、大学に残って専門分野の研究者を目指す「研究者養成」コースと、高度で専門的な職業能力を磨く「専門職大学院」コースです。

今の時代、研究者養成よりも、大学院における社会的・国際的に通用する高度専門職業人を養成する、「専門職大学院」に対する期待が高まっています。この「専門職大学院制度」は、2003年(平成15年)に設立されました。「専門職大学院」には、主に次のものがあります。

法科大学院
法曹養成(弁護士、裁判官、検事)のための教育を行なうことを目的。
教職大学院
高度専門職業人養成としての教員養成に特化。
臨床心理系大学院
心の専門家である臨床心理士の養成を目的。
会計大学院
企業や行政機関等の会計並びに監査の担い手として、様々な専門知識や能力、ITへの対応力、論理的かつ倫理的な判断力などを備えた会計のプロフェッショナルを養成。
知的財産系大学院
特許権、商標権など知的財産についての教育、研究を行なうことを目的。
ビジネス・MOT(技術経営)大学院
経営戦略、組織行動、ファイナンス、マーケティング、技術・生産管理、情報システム等の科目により、経営分野のリーダーを養成。

大学院に進学するメリットとは?

「専門職大学院」に進学するメリットとは、ずばりスキルアップができること。そもそもが、社会的・国際的に通用する高度専門職業人養成を目的としているからです。

まずは、難関の資格取得に有利な点。例えば、「会計大学院」を選んだ場合、修了者は公認会計士試験の一部科目が免除されます。また、「知的財産系大学院」を選んだ場合は、弁理士試験の科目が一部免除されるという特典があります。

また、弁護士や裁判官、検察官を目指したいと思った場合、司法試験では司法試験予備試験に合格するか、「法科大学院」を修了していることが受験資格に。臨床心理士資格試験では「臨床心理士指定大学院(または専門職大学院)」修了が受験資格になっています。

このように資格取得に有利なことはもちろん、社会人は身に付けた最新知識や技能をすぐに仕事に活かせて、キャリアアップができること。また、キャリアチェンジを図れることも魅力でしょう。

取得した専門性が評価され、初任給が学部卒よりも高くなる可能性が高いというのもメリットです。

大学院への進学は、自分の能力や知見を広げる、良い機会になると言えます。

気になる、大学院入試について!

入試は大きく「一般入試」、「社会人入試」の2種類です。

「一般入試」では、試験方法は各大学院や専攻で異なりますが、文系の場合は外国語と専門知識を問う筆記試験か論文、加えて面接が行なわれることが多いです。理系の場合は、口述試験もしくは共通科目と専門科目の筆記試験、そして面接と出願書類によって合否を判定することが多くあります。

「社会人入試」では、専攻によっては具体的な社会人経験や経験年数、例えば国際協力活動の経験や教育機関での実績が3年以上ある人が対象という、制限を設けている大学院もあるため、よく確認しましょう。

最近は、セメスター制が導入され、春(4月)入学だけでなく、秋(9月)入学を行なう大学院も多く、学ぶチャンスがますます開かれてきていると言えます。

志望したい大学院を決定したら、本当に自分が学びたい分野を研究できるのか、専攻の指導教員を訪ねるなどして、きちんと確認することが大事です。出願・受験の日時や試験科目は早めに確認し、しっかり対策を練りましょう。

ロード中
ロード中
ロード中

大学院の秋は、入試や論文が佳境となる季節。修士課程の学生も博士課程の学生も論文に研究に尽力しています。また、法科大学院の入学試験も秋に行なわれます。

大学院の修士課程

大学院の修士課程

秋には大学院入試もあり、大学生達は大学院に進むために日々勉学に励んでいます。

大学を卒業し大学院へと進んだ学生は、まずは修士課程で学ぶことになります。修士は英語でマスター。そのため、このマスターの頭文字を取って「M1」、「M2」と表記します。また「博士前期課程」とも呼ばれ、修了後には「博士後期課程」である博士課程に進むこともあります。

修士の学位を取るためには「2年間の大学院での学習」、「30単位以上の取得」、「修士の学位論文の提出」が必須。中でも学位論文には厳しい審査があり、いくらしっかり単位を取得していても、論文が不十分だと修了できないこともあるのです。修了後は、企業の研究職などに就く人もいれば、専門分野をさらに極めるため、博士課程へと進む人もいます。特にメーカーなどの技術職では、知識を持った修士課程卒の研究員は重宝されており、大卒よりも高い初任給を手にすることができるのです。

法科大学院

夏から秋にかけて、全国の法科大学院では入学試験が行なわれます。

法科大学院への入学を希望する場合は、まず初夏に全国一斉で行なわれる「法科大学院適性試験」を受験する必要があります。その後、各々の法科大学院が独自で行なう入学試験を受験し、適性試験と大学院入学試験の両方の結果から合格者が選ばれるのです。

「ロースクール」とも呼ばれる法科大学院は、法曹の養成に特化した教育を行なう大学院のこと。「法曹」とは弁護士、検察官、裁判官のことで、質の高い法律家の養成を目的に2004年(平成16年)4月に創設されました。

法科大学院には、大きく分けて2コースがあり、ひとつは「法学未修者」の3年コース。法学部以外の学部出身者が入ることが多く、法律の知識を基礎から学べます。逆に、すでに法律を学んだ者が進めるのが「法学既修者」の2年コース。このコースに入るには、法科大学院の実施する法律基礎科目試験に合格することが必須です。

どちらのコースにせよ、法科大学院へ進むことの最大のメリットは司法試験の受験資格が得られるということ。法科大学院に進まない場合、司法試験を受けるためには「予備試験」を受験する必要がありますが、この予備試験の合格率はわずか1~4パーセントと非常に難易度の高い試験なのです。予備試験を受験せず司法試験に挑戦できる法科大学院への入学は、法曹界を目指す最短ルートなのです。

パソコン記念日(9月28日)

9月28日は、パソコン記念日。これは1979年(昭和54年)のこの日、NEC(日本電気)がパーソナルコンピューター「PC-8000」を発売したことに由来しています。このPC-8000シリーズは、日本の国産パソコンの原点とも言われており、当時パソコンに将来性や魅了を感じていた、たくさんの人達を魅了しました。

論文制作や研究発表を行なう大学院生にとって、今やパソコンは必需品です。入学したらまず欲しくなるのが、スペックの高い最新型のパソコン。

あまりパソコンに詳しくない人の場合、大学・大学院の生協で販売している「生協オリジナルモデル」がおすすめです。それなりの性能とワードやエクセル、パワーポイントなどが使えるoffice、落下など不注意による破損にも対応した4年間の保証が付いたパソコンが購入できます。また、購入後の不具合なども学内の生協に持っていくだけで、相談にのってくれるので安心です。

生協のオリジナルモデルでは物足りないという人は、家電量販店で相談するか、自分でカスタムパソコンを作るという手も選択肢として考えられます。officeソフトに関しては、学生向けの「アカデミック版」が通常の半額近くの価格で購入できるので、あえてofficeが付いていない安価なパソコンを選ぶという選択もあります。

修士課程の場合、最低でも2年間、博士課程に進む場合は5年以上の付き合いになるパソコンですので、自分好みの使いやすい物を選ぶのが一番です。


最高教育機関である大学院では、社会に役立つ人材を輩出するために様々な取り組みを実施していますが、大学院教育プログラムもそのひとつで、産業界と連携して優秀な人材を育成しています。様々な分野で高度な専門性を持った人材は、社会全体で求められており、活躍の場もどんどん広がっています。

大学院教育プログラム

大学院教育プログラム

社会人を対象に、これまでのキャリアや経験をさらに高められるよう学び直し講座を開講している高等教育機関があります。大学では、かなり浸透していますが、大学院でも文部科学省が高度な人材を養成するために、全国で推進しています。

大学院では、産業界と協働して社会人のキャリアアップに必要な内容であると同時に、専門的な知識や技術・技能を身に付けるための大学院プログラムを構築しています。特に、成長著しい分野に高度な人材の養成を図ることで、成熟化への早期実現、大学院教育プログラムの開発、プログラム事業の成果の普及などを進めています。

このプログラム事業では、人文社会科学系、自然科学系、医学・歯学などの保健系の3分野において14プログラムが選定・実施されており、社会人の学び直しを関東・中部・近畿・九州の各地区で推進しています。

産業界と連携することで、産業界との密接な繋がりや共同での開発などを活発化させることで、社会経済全体を活性化させたり、世界的に通用する優秀な人材を育成したりなど大きな期待が持たれています。

専修免許状

秋になると教員資格認定試験が実施され、教員になるためには、教員免許状が必要で、免許状には普通免許状、臨時免許状、特別免許状があります。正規教員として、必要な普通免許状には、さらに専修免許状、一種免許状、二種免許状に分類されます。これらの分類は、修士、学士、短期大学士の学位を有することで授与されるため、専修免許状は大学院で修士課程を修了した者に授与されますが、所定の単位を取得する必要があります。

教員採用試験で必要とされるのは、一種免許状ですが、高校では、指導教科によってこれまでより専門的な知識が求められつつあります。また、管理職を目指すには専修免許状が必要となるため、積極的に取得する教員も多くいます。専修免許状を取得するには、一度学校を辞めて大学院に入学して修士課程を取るか、現職のまま通信教育や大学院に通って単位を取得し、教育職員検定を得て取得する方法があります。

ほとんどの大学院では、一種免許状を取得した人に限定して専修免許状を取得できるようにしているため、教員免許状がない人や短大卒での二種免許状では、大学院で教職課程を取っても専修免許状を取得できないようになっています。

ディプロマ・ポリシー

大学院の最終学年は論文制作に向けて、これから大詰めを迎えます。修士課程、博士課程とも、論文の内容やプレゼンテーションによって卒業できるかどうかが決まってきますが、学位を授与するには大学院のディプロマ・ポリシーに沿っていることが重要です。「ディプロマ・ポリシー」とは、大学院の持つ学位授与方針で、主に専門分野の基礎的な知識や分析力、多様な思考力、問題解決力、コミュニケーション力などが問われます。ディプロマ・ポリシーは、大学院によっても異なりますが、アドミッション・ポリシーやカリキュラム・ポリシーと関連づけて判断されることが多く、研究者の人間性にかかわる部分が大きいようです。

大学院では、専門分野の研究だけをするのではなく、身に付けた知識や技術が社会に役立つように応用していくことも重要です。そのために、卒業者に学位を授与するにあたり、研究内容と人間性を総合評価して判断をする仕組みになっており、その基準となるのがディプロマ・ポリシーであり、大学院の理念を表すものでもあります。


大学院は、四年制大学に比べてさらに高度な専門知識の取得や専門分野での研究を実践する場所です。そんな大学院にとって秋は、そのアカデミックな存在意義がもっとも実感できる季節といえます。

「ノーベル賞制定記念日」(11月27日)

「ノーベル賞制定記念日」(11月27日)

アカデミックの最高の栄誉と言えば、ノーベル賞です。ダイナマイトの発明者であるアルフレッド・ノーベルの遺言がもととなり、彼の死後の1901年(明治34年)に第一回の授与式が行なわれました。

そのノーベルの遺言とは、採掘や土木工事を効率的に進めるために自らが発明したダイナマイトが、その威力により兵器として広く使用されたことを悔やみ、ダイナマイトで得た巨額の富を「人類のために最大たる貢献をした人々に分配されるものとする」と書き遺したものです。この遺言が書かれたのが、1895年(明治28年)の11月27日でした。ダイナマイトによってノーベル賞が誕生した日を記念して、11月27日が「ノーベル賞制定記念日」と定められたのです。

これまでにノーベル賞を受賞した日本人は、1949(昭和24)年の湯川秀樹博士を皮切りに、2013(平成25)年までに19人となっています。中でも記憶に新しいのは2012(平成24)年に「iPS細胞の作製」でノーベル医学生理学賞を受賞した、山中伸弥京都大学教授です。この山中教授もかつて大学院で研究をしてきた「元大学院生」なのです。

今この瞬間にも、ノーベル賞を目指して研究を重ねる大学院生は数多くいるでしょう。しかし、これまでノーベル賞受賞者の受賞したときの平均年齢は、約59歳です。現在大学院で学んでいる人がこの年齢に達するまでは、30年以上はさらなる研鑽を積まなければならないということとなります。

「ローマは一日にして成らず」。こつこつと積み重ねていく努力の大切さが、このデータにも表れています。

秋は論文に集中する季節

秋は論文に集中する季節

さて、日本の大学院において、秋はもっとも論文に集中しなくてはならない季節のようです。というのも、大学院の修士論文は、3月修了の場合は毎年12月から1月にかけて提出されることが多いからです。つまり、秋は論文を完成させるための追い込みの季節で、大学院生にとってはラストスパートなのです。

世の中が食欲の秋、運動の秋、読書の秋、芸術の秋…と秋の明るい彩りに包まれている頃、大学院生はそんな誘惑に打ち克ち、自らの研究の集大成を仕上げなくてはなりません。学問を究めようとして努力する姿勢、そしてその意思を持続させるモチベーションの強さが、優秀な論文の礎となるのではないでしょうか。

しかし、「象牙の塔」と揶揄されるような、あまりにも現実とかけ離れ、俗世間から孤立した境地でのみ学問を究めようとしても、それは単なる机上の空論に過ぎない結果に終わることも多くあります。学問とはあくまでも、人間が生きていく上で役に立つものでなくてはならないという見解もあります。また、そうなるためには、研究に打ち込む研究者(大学院生)が、時には秋の彩りを楽しむ程のゆとりが必要であるとも考えられます。

ちなみに、先に挙げた日本人として初めてノーベル賞(物理学賞)を受賞した湯川秀樹博士は、次のような言葉を遺しています。

「現実はその根底において、常に簡単な法則にしたがって動いているのである。達人のみがそれを洞察する。現実はその根底において、常に調和している。詩人のみがこれを発見する」

つまり、学問を究める人には「達人」の要素も「詩人」の要素も欠かせない、ということを湯川博士は述べているのです。

大学院生にとっての秋は、論文に集中する季節でもありますが、同時に秋を楽しめる人間的な感性も培うことのできる季節でもありそうです。