ご希望の短大・大学・大学院情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

スタディピア
短大・大学・大学院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

大学・短大・大学院情報

ネット出願(Web出願)とは



「ネット出願」は、インターネットで受験を申込む方法です。(「インターネット出願」、または「Web出願」と呼ぶ場合もあり)
紙の願書に手書きする従来の出願とは違い、氏名や志望する学部・学科、入試方式などをインターネット上で入力するため、願書の取り寄せや間違えた際の書き直しといった手間を省くことができます。
ここではこの便利なインターネット出願についてご紹介。
ネット出願のメリットから、あらかじめしておくべき準備、どのような流れで出願が行なわれるかを詳しくご説明しています。
「インターネット出願とはどんな出願方法なのか知りたい」「紙の願書による出願とどう違うのか気になる」という方はぜひご活用下さい。

一般的な大学受験におけるネット出願の説明ですので、必ず受験する大学の募集要項や説明を確認するようにしましょう。

ネット出願とは

ネット出願とは

大学や短期大学を受験するためには、「出願」というステップが必要です。出願とは、試験を受けるための申し込み書類「願書」を大学・短期大学に提出すること。願書は受験者自身で入手し、さらに名前や住所、受験する学部・学科などを手書きで記載する必要があります。
インターネット出願とは、紙の願書を使用することなく、インターネット上に必要事項を入力するという出願方法。
インターネットで登録してから受験料を支払ったり、調査書や推薦書などの必要書類を郵送したりします。書類の郵送をもって出願手続きは完了。このあとに受験票が入手できるようになるのです。

ネット出願とは

願書請求や手書きの手間が省けるインターネット出願は、導入する大学・短期大学が増加しており、中にはインターネット出願のみ受け付けていることもあります。
手間が省けること以外にも、ネット出願のメリットは盛りだくさん。
まず、インターネット環境があれば24時間どこからでも出願が可能です。
次に、従来の願書は紙に手書きで記入していくため、修正不可の大学ですと書き直す必要がありました。しかし画面上で入力を行なうネット出願は簡単に修正が可能。さらにエラーチェックを自動でしてくれるので、入力漏れを防ぐことができます。
出願した内容が確認できることも、ネット出願の利点。また「内容を変更したい」「追加で出願したい」というときも、大学によっては変更・追加が可能です。
さらに、インターネット出願だと受験料が割引される場合もあります。

ネット出願の事前準備

ネット出願というとオンラインですべて完結するイメージがありますが、実際は部分的なもので、書類の印刷や郵送が必要になります。そのためWeb出願の際には、あらかじめ準備が大切です。

ネット出願の事前準備

まず、パソコンやスマートフォン、タブレットといったインターネットに接続するための端末。大学によってはパソコンを推奨している場合もあるので注意しましょう。
また提出用の書類印刷に必要なプリンターも用意が必要。Web出願では必要書類を印刷して郵送するためです。
郵送用に封筒も用意しておきましょう。角形2号を使うことが多いですが、大学によって指定封筒が違う場合もあるので、確認してから用意します。

ネット出願の事前準備

またWeb出願では、登録完了メールや入金完了を知らせるメールなどを受信するために、メールアドレスが必須。持っていない場合は、フリーメールでも問題ないので取得しなければなりません。
他に準備することは、PDFファイルを閲覧するためのソフトをダウンロードしておくこと。これは募集要項やネット出願のマニュアルは、PDF形式となっていることが多いからです。
また受験者の成績や生活の様子などが記載された調査書や、推薦入試で必要になってくる推薦書といった指定書類は、入手できるまでに時間がかかることがあるので、何を提出すべきなのかをしっかりと確認して、早めに準備することが大切になってきます。

最後に、顔写真のデータ。顔写真の扱いは大学によって異なり、Web出願時にデータをアップロードすることもあります。その場合、顔写真のデータが必要です。

ネット出願の流れ

実際にインターネット出願する手順についてご紹介します。

受験する大学・短期大学のWeb出願ページを開く

大学の専用ページにアクセスし、その大学のWeb出願手順を読みます。
大学によって異なる部分があるので、注意深く確認することが重要です。

必要事項の入力

必要事項の入力

画面の案内に従って、氏名・住所・電話番号・在籍校などの基本情報、志望学部・学科、入試方式、試験日、受験料の支払い方法などを入力して送信すると、出願登録が完了します。
この際、ログインIDや整理番号などが表示されることがあるので、メモやスクリーンショットで記録しておかなければなりません。自分でID・パスワードを設定したりする場合も、忘れないようにしましょう。ログインIDや整理番号は、出願内容の確認や受験票の印刷に必要です。
またフォーム入力前にUCARO(ウカロ)をはじめとする受験ポータルサイトに登録しなければならない場合もあります。

上記リンク先は外部のウェブサイトに移動します。

受験料の支払い・書類の印刷

受験料の支払い・書類の印刷

必要事項入力の際に選択した支払方法で、受験料を支払います。方法によっては支払い番号が表示されるので、控えておきましょう。
受験料の支払い方法はクレジットカード払いやコンビニエンスストア支払い、ネットバンキングを使用する支払いなど様々。手数料が必要な場合もあるので、確認することが大切です。
出願登録完了後に確認票や支払い票などの書類を印刷しなければならないこともあります。各大学の「ネット出願」手順に従いましょう。

大学によっては、受験料の支払い後、出願確認票(※)や宛名ラベルが印刷できるようになります。出願確認票は大学に郵送する書類で、宛名ラベルは必要書類郵送時に必要です。

「出願確認票」は大学によって名称が異なります。

書類の郵送・受験票の到着や印刷

書類の郵送・受験票の到着や印刷

あらかじめ準備していた調査書や推薦書、出願登録後にプリントした確認票などを、宛名ラベルを貼った封筒に入れて郵送します。
大学や入試方式で必要書類が異なりますので、しっかりと確認しましょう。
また郵送方法も大学で変わってくるので注意することが重要です。

必要書類の郵送をもって、出願は完了。
受験票は自宅に届く場合と、自分でダウンロードし、印刷する場合があります。

ネット出願の注意点

便利なインターネット出願ですが、いくつか注意点があります。

ネット出願も受験料支払い・書類郵送は必要

ネット出願も受験料支払い・書類郵送は必要

ネット出願はインターネットで出願登録しますが、そこで出願が完了するわけではありません。受験料の支払いや書類の郵送が終わってはじめて出願完了となります。大学によって、「受験料の支払いはWeb出願登録日の翌日23:59まで」「書類の郵送は出願締め切り日まで」など、期限が決められていますので、間に合わないことがないよう、余裕をもって出願しましょう。

顔写真について

顔写真について

顔写真はアップロードする場合や郵送する場合、受験票に貼り付けて試験当日に持参する場合があります。
紙の願書による出願でも、インターネット出願でも、出願の際に使用する写真は、写真屋さんで撮影することがおすすめ。アップロードのステップがある場合は、写真のデータが必要なので、あらかじめ写真屋さんに伝えましょう。
また写真はデータが入手できる証明写真機、スマートフォン・タブレットなどのカメラ機能、デジタルカメラなどでも撮影可能。自分で撮影するときには、顔が鮮明に写っていることや、無背景であること、顔がしっかりと前を向いていることなどに注意しなければなりません。

まとめ

このようにWeb出願は、紙の願書を使用した出願よりも便利な面が多々あります。しかし注意すべき点や、準備しておくべきこともありますので、しっかりと各大学のWeb出願マニュアルを熟読し、間違いのないように出願することが重要です。