ご希望の短大・大学・大学院情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スタディピア
短大・大学・大学院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

大学・短大・大学院情報

短期大学卒業後の進学
(大学、専門学校など)



短期大学を卒業後、「さらに知識を深めたい」「専門技術のレベルを上げたい」と考える人は、就職ではなく、4年制大学への進学(編入)、専門学校への入学などの道を選びます。

4年制大学への進学(編入学)

4年制大学への進学(編入学)

編入とは、新入学以外の形態で学校に入学することです。大学の編入については、短期大学や高等専門学校などの卒業者や卒業見込みを有する学生、4年制大学の2年次修了者を対象に受け付けています。基本的には、3年次に入学しますが、2年次・4年次入学を受け付けている大学もあります。

情報収集がカギ

情報収集がカギ

すべての大学で編入を受け付けているわけではなく、欠員が出た際の補充の一環として行なう場合も多いので、募集学科や人数の枠もかなり限られます。そのため、編入を希望するには、就職活動で企業情報を集めるのと同じく、情報収集が欠かせません。また、短大で選考していた学科とは異なる学科に進みたいと考える人、短大で選考していた学科と同系列の学科に進みたいと考える人など、編入を希望する人の志向も様々です。もちろん、どちらの人にも編入の門戸は開かれていますが、大学によって対応は異なります。

編入試験

編入試験

編入試験における筆記試験では志望する学部・学科の専門科目と、英語をはじめとする外国語を受験します。また、小論文を課す大学もあり、こちらも専門分野に特化した内容が出題される傾向です。さらに編入志望書類の提出や面接試験を課す大学もあり、面接では編入後に力を入れて取り組みたい学問や研究を問われます。

専門学校への入学

専門学校への入学

新卒者の就職難が叫ばれるようになったのと呼応して、大学や短大を卒業した人が専門学校へ入学する動きが活発化しました。大学や短大を卒業後、就職が叶わなかった人がそのまま就職浪人になってしまうと、既卒者扱いを受け、今後正社員として入社することが困難になります。そこで、専門学校へスライドし、専門技能を身に付けて2年後に再び新卒者として就職活動に挑むという人が増えているのです。もちろん、大学や短大在学中に、専門技能の習得を志し、卒業後に積極的に専門学校へ通う進路を選ぶ人もいます。

メリット

メリット

多くの専門学校では資格取得という明確な目標が掲げられるため、その達成に向けて日夜勉強に打ち込みます。また、卒業後の進路を定めて入学した志の高い人や同じ目標に向かって努力する仲間が周囲にたくさんいますので、モチベーションも維持することができます。

入試について

入試について

社会人入試枠を利用して入学することができます。基本的には、社会人経験のある人が対象です。この場合社会人としての経験年数は、1~3年など、学校ごとによって異なります。また、社会人経験が現在進行形でなくとも入学を許可する専門学校もあります。選考方法は、書類、適性検査、一般教養試験、面接が一般的。一般試験よりも数ヵ月単位で早く実施されますので、注意が必要です。