ご希望の短大・大学・大学院情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スタディピア
短大・大学・大学院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

大学・短大・大学院情報

短期大学の定義



4年制大学では社会に出るまでに必要な専門的な知識と周辺領域の知識を積み上げます。専門学校では、自分の好きな分野をとことん突き詰めます。それでは短期大学では、どのような勉強をするのでしょう。短期大学は、4年生大学のように、専門分野を体系的に学ぶ点は同じですが、より実践的な能力を身に付けられるカリキュラムが充実しています。資格の取得にも熱心な学生が多く、この点においては実に専門学校的。つまり、短期大学は4年制大学と専門学校の特徴を兼ね備えた教育機関といえます。ちなみに、短期大学は、略して「短大」と呼ばれるのが一般的です。

短期大学の魅力

短期大学の魅力

4年生大学と比べて修業年限と取得単位が半分の短期大学ですが、実践学習が多く受けられる分、卒業と同時に即戦力として社会の現場で活躍できます。なお、医療系短大は3年制で、93単位以上の取得が卒業のために必要です。

資格の取得支援

資格を取得するためのカリキュラムが組まれている他、卒業と同時に無試験で資格が取得できたりと、支援体制が充実しています。もちろん、試験を受けて取得しなければならない資格に対しては、対策講座を別途開講したりすることもあります。

就職に強い

多くの短大で、すでに1年次から就職を意識した指導を取り入れています。就職率は、軒並み80%後半から高い短大では90%中盤の高い水準です。

集中型の学習

短期大学というくらいですから、4年制大学に比べて短い学生生活を送ることになります。その中で必要な単位を取得し、場合によっては資格取得の勉強もしなければなりませんし、就職活動もすぐにスタートします。すべてが集中的に進みますが、その分密度の濃い勉強が行なえるという見方もできます。

学費が安い

4年制大学の半分の期間だけキャンパスに通うので、学費や通学交通費の面でもコストがかかりません。また、一人暮らしをするための生活費も半分になるので、経済的な負担は軽くて済みます。

少人数生講義

大部屋で講義を聞くことはほとんどなく、多くが少人数クラスに分かれて勉強します。必然的に教授と学生の距離が近くなるので、分からないことも丁寧に教えてもらうことができ、勉強の面白さに気付く学生も多いようです。

共学制

短大は女子の進学先という考えは、ずいぶん前の話です。集中的な学びでスキルアップできる点が男子にも高く評価され、今や共学のキャンパスも増えました。男女間のコミュニケーションが互いの視野を広げることにも役立っています。

受験方法

受験方法

基本的には、一般入試と推薦入試、AO入試ですが、2004年(平成16年)度から短大でもセンター試験の利用入試を行なうようになりました。AO入試は、学力よりも「学びたい」という本人の熱意や目的意識を重視した試験で、書類選考と面接試験が一般的です。

得られる学位

得られる学位

修了後は、短期大学士という学位が授与されます。これは2005年(平成17年)の学校教育法改正により定められた学位です。