ご希望の短大・大学・大学院情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スタディピア
短大・大学・大学院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

大学・短大・大学院情報

OB・OG訪問



就職活動の情報収集術のひとつに、OB・OG訪問があります。これは、就活生が大学を卒業した先輩を訪ねる、という就活シーズンならではの活動です。基本的には、サークルやゼミなどで関係を築いた先輩を訪ねて、彼らが携わっている仕事や会社の雰囲気などを実際に聞き取りますが、面識がなくとも、卒業生ということで連絡を取り、訪問するケースもあります。

OB・OGの見つけ方

OB・OGの見つけ方

面識のある先輩がいる場合で、なおかつ卒業後も個人的に連絡を取り合っているのなら、直接コンタクトを取るのが一番の近道です。気心が知れている仲であれば、時間も場所も合わせやすく、聞きたい話も掘り出しやすいでしょう。しかし、面識のない先輩を訪問したい場合は、まず相手を探すところから始めなければなりません。

就職課からの紹介

就職課からの紹介

就職課には卒業生の進路がデータとして残っていますので、就活生自身が志望する会社や業界に進んでいる先輩がいるかいないかを教えてもらえます。ここで注意しておきたいのは、必ず全卒業生の進路が分かるとは限らないということ。卒業生が就職課に進路の報告を申請していない場合は、希望する企業のOB・OGと連絡が取れない可能性もあります。

ゼミナール教員からの紹介

ゼミナール教員からの紹介

ゼミナールは、少人数生の科目なので、履修すれば学生と教員の距離が縮まります。そこで、在学当時教員と親睦を深めた先輩がいれば、教員から紹介してもらえます。もちろん、就活生自身も教員とコミュニケーションをとっていることが大切です。

クラブ・サークル、友人からの紹介

クラブ・サークル、友人からの紹介

クラブやサークルの仲間、友人とは情報交換がしやすい間柄です。意中の企業や業界を伝えておけば、意外な接点の中から先輩にたどり着くこともあります。

OB・OGが見つかった後の手順

OB・OGが見つかった後の手順

卒業生が希望の会社に勤務していることが分かったら、その会社の人事部に連絡します。就職活動中であり、卒業生を訪ねたいことを確実に伝え、訪問の意志を明確に相手につかんでもらいます。また、どのようにして卒業生が働いていることを知ったかという旨も伝え忘れてはなりません。大手の会社ともなると、リクルーター(入社志望者とコンタクトをとる社員)がいることが多くあります。

訪問時までに整えておきたいこと

訪問時までに整えておきたいこと

卒業生を訪ねる際には、最低限しておきたい準備があります。下調べを済ませておくことや質問の用意などは、OB・OG訪問のマナーです。

企業研究

企業研究

事業内容を調べていないと話を聞いてもまったく理解ができず、イメージもふくらみません。専門用語もできる範囲で調べておくと良いでしょう。

質問作成

質問作成

企業研究を進めると、調べても分からない事柄に数多く遭遇します。それらはリストとして残しておき、このチャンスに卒業生に尋ねると良いでしょう。また、話を聞く卒業生がなぜ今の会社を志望したのか、携わっている仕事のやりがいやつらさなど、基本的な質問事項は押えておくべきです。

名刺もしくは自分を表現するツールを用意

名刺もしくは自分を表現するツールを用意

卒業生からは名刺をもらいます。それに対して名刺を返すのは、もちろん正解。簡単な自己紹介書を名刺替わりに渡すのも、自身のやる気をPRするうえで効果的でしょう。

訪問後にすべきこと

訪問後にすべきこと

その日のうちにお礼のメールを送信すべきです。また、手書きの手紙を送り、感謝の意を伝えるのも一手。窓口となっていただいた人事担当者にも忘れず送っておくのが鉄則です。