ご希望の短大・大学・大学院情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スタディピア
短大・大学・大学院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

大学・短大・大学院情報

合同説明会



企業の採用活動が解禁されると同時に開催されるのが、合同説明会(合同会社説明会)と呼ばれる大型のイベントです。これは、ひとつの会場に多数の企業が集まり、学生に採用情報を提示するイベントで、就活シーズンの風物詩となっています。主に「リクルート」「マイナビ」「日経」「エン・ジャパン」などの企業が主催会社となっています。

合同説明会に参加するメリット

合同説明会に参加するメリット

いざ就職活動を始めてみると、企業とそれぞれが発信する情報の多さに驚く学生は少なくありません。ある程度希望の業界や職種、企業を絞ることができた学生にとってもそれは然りです。逆に進路が定まっていない人にとっては、整理されていない膨大な情報の中から自分の希望を導くのは至難の技。そこで、合同説明会のようなイベントに出席することで多くの情報を一度に集めることができ、整理もしやすくなります。

人事担当者に会える

人事担当者に会える

合同説明会は、企業の人事や総務担当者などが自社企業の説明をするために会場にブースを組み、学生たちにPRを行なっています。ホームページや紙資料と違い、実際に企業の人が学生の顔を見て話をするので、生の情報を得ることができます。学生にとっては、机上での企業研究ではわからなかったことを実際に聞くことができるという大きなメリットがあります。さらに、近年は、ブースに人事担当者だけでなく、実際に仕事現場で活躍する先輩社員も列席する事もありますので、現場目線の仕事を知ることもできます。また、同じ業界に属し、企業規模も同じような会社の話を聞くことで、比較検討もしやすくなります。

面接の練習を積める

面接の練習を積める

ブースでは、企業の人事担当者と話ができますから、いつくか質問を用意しておけば、面接の練習を積むことができます。合同説明会の会場は、選考の場ではありませんので、多少の失敗をしても気にすることはありません。本番のためのシミュレーションとして活用するのも良いでしょう。

思わぬ企業との出会い

思わぬ企業との出会い

合同と名の付く説明会ですから、会場には実に多数の企業が集まっています。そこでは、興味のある企業を中心にブース回りをするのが一般的ですが、あえてあまり興味のなかった企業の話を聞くのも一案です。先入観やイメージによって興味が向くことがなかった企業も、実際に会社の人の話を聞くことで、イメージが180度変わり、志望企業へと発展する場合もあるのです。そういう点では新しい"気付き"を学生に与える場であるといえるでしょう。

多様な情報を収集

多様な情報を収集

合同説明会の会場には、企業ブースだけでなく、様々なイベントステージも設けられています。そこでは、自己分析の手順を教えてもらえたり、履歴書の書き方講座が開かれていたり、現役のキャリアカウンセラーによる相談会が実施されたりと、就職活動に役立つ情報がたくさん収集できます。

気軽に来場できる

気軽に来場できる

合同説明会の会場は、あくまでも情報収集の場ですから、ほとんどの場合は履歴書が不要であり、入場も自由かつ無料。「まずは企業を知ってほしい」との思いから学生にやさしい運営システムになっているため、気負いをせず積極的に活用すると良いでしょう。

学内における合同説明会

学内における合同説明会

大学では、就職課が主催する合同会社説明会も行なわれます。卒業生が勤める会社などが大学に集まり、説明会を行なう企画です。学外の合同説明会よりも気軽に参加しやすい他、OBやOGの講演の場合は、学校での学びや活動が今の会社でどう活かされているかが分かる、といった特徴があります。