ご希望の短大・大学・大学院情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スタディピア
短大・大学・大学院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

大学・短大・大学院情報

インターンシップ



インターンシップとは、大学生が企業に社会勉強の一環として、実際に就業して仕事を体験する制度です。インターンシップの期間は数日から2週間、企業によっては、2、3ヵ月とまちまちです。通常、「インターン」という略称が多く用いられます。

インターンシップの概要

インターンシップの概要

大学生の就職活動は、3年次の秋から本格化し始めますが、インターンシップでの就業体験は、その直前となる夏頃に実施されることが多い状況です。"就職活動の前哨戦"ともいわれるインターンシップですが、企業側のメリットも少なくありません。近年、就職して3年以内に退職するという若手社員が増加しているため、企業としては就業前にギャップを埋めておきたいという目的もあります。インターンシップ制度を利用して、実際の仕事の現場を肌で体感してもらうことで、「こんなはずではなかった」というミスマッチを減らすということにもつながります。

メリット

メリット

学生にとっては、単純に「社会とは?」を知る良いきっかけになります。アルバイトとは違い、研修生ながらも社員というポジションで仕事を体験できるのは貴重な財産となるでしょう。また、興味のある業界や企業に就職活動前から接触することで、依然厳しい状況が続く就職活動の中で先手を打つことにもなり、インターンシップを経験していない学生よりアドバンテージを取得したことになります。

また、社会人になるまでに習得しておかなければならないスキルや知識も明らかになるので、自己成長にもつながります。ただし、インターンシップ制度を利用したことで、必ず内定がもらえるというわけではありません。

1・2年次にも実施

1・2年次にも実施

実は、インターンシップ制度は、必ず3年次でないと利用できないというわけではありません。1・2年次でも就業体験は可能であり、早期の段階で体験しておくと、将来の道をいち早く選択することにも役立ち、それに伴って本当に学びたい科目も明確になってきます。日本の大学では、入学すると安心してしまう学生も少なくないため、1・2年次から卒業後に目を向けて、早めに経験を積むのも一手です。ただし、対象学生は企業によって異なるため、あらかじめ確認をしておきましょう。

海外インターン

海外インターン

国内企業だけが就業体験先ではなく、海外の企業でも日本の学生を幅広く受け入れてくれます。実は日本では学生=研修生ということで、実務を任されるよりは、主に先輩社員に同行する見学型のインターンシップが主流なのですが、海外では次々とミッションを与えられるため、仕事を能率よくこなす実践力が身に付くともいわれています。当然、海外での会話は外国語になりますから、語学力アップにもつながります。また、海外という縁もゆかりもないロケーションで生活することにもなるため、これまでにない出来事に遭遇する可能性もありますが、それらを自力で乗り越えることで、人として大きく成長することもできます。