ご希望の短大・大学・大学院情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト短大・大学・大学院リサーチ

大学・短大・大学院情報

大学の学生寮/一人暮らし



大学を決める際、学びたい分野の学部や学科を備えた大学が地元にあるかないかは大きな問題です。親元を離れてでも自分の学業を優先する人は、遠方でまったく新しい生活基盤を築き上げるため、アパートや学生寮での一人暮らしをスタートさせます。

住居の確保

住居の確保

親元を離れることが決まったら、新しく住む家を探さなければなりません。大学生の場合、大学が用意する学生寮に入寮するか、自らアパートを探すかの選択から始まります(寮が用意されていない大学もあります)。立地条件や家賃、環境など、優先事項を明確にして、決めていきましょう。なお、大学寮は募集期限が決まっていることが多く、学生用のアパートも人気物件は早めに埋まっていくため、ホームページや不動産情報誌を活用したり、大学側にまめに問い合わせたりして、情報収集に努めましょう。

学生寮の特徴

学生寮の特徴

学生寮は、一般的なアパートよりも家賃が大幅に安く設定されています。コミュニケーションスペースといったアパートにはない施設もあり、そこで寮生同士が交流を図ることで、独自の交友関係が構築でき、学内に関する情報交換も素早くできます。また、栄養バランスに長けた食事サービスを受けられる寮もあり、家賃に食費が含まれるなど経済的なメリットもあります。

寮生活は集団生活ですから、もしも自分が病気やケガで困っても、他の寮生に察知してもらうことができ、心強いというメリットも。一方で、風呂やトイレなどの設備が共同利用となっていたり、門限(特に女子寮)が設けられたり、寮生以外の入室にも規約が掲げられるなど、学生の行動や生活スタイルに一定の制限がかかることもあります。

学生アパートの特徴

学生アパートの特徴

学生アパートは一般的に、寮よりも家賃の負担が高くなります。特に街中の大学に進むとなると、学生アパートといっても家賃相場がはね上がり、大きな出費となります。また、家賃外にも食費や光熱費を毎月支払わなければならないため、経済的負荷も高まります。

その一方で、出費を抑えるための節約術を自分で考えるようになったり、お金の大切さを学ぶことができたりと、「自立への第一歩」につながるメリットも挙げられます。自分だけの空間を所有することができ、門限などもないことから、自由度の高い生活を送ることができるのが最大のメリットといえるでしょう。

仕送り

仕送り

一人暮らしをする学生にとって、貴重な財源のひとつが仕送りです。渡される金額は、家族の収入などによって開きが生じますが、7~10万円がおおよその相場です。なお、東京地区の70組合78大学・短大が加盟する「東京私大教連」が2012年(平成24年)に行なった調査では、自宅以外から通学する学生への仕送り金額は、1ヵ月平均8万9,500円となっています。これは12年連続で減少しており、その背景には長引く不況で、保護者の収入が減ったことが理由と考えられています。

まずは1ヵ月の収支をシミュレーションし、どれぐらいアルバイトをする必要があるか、また奨学金を利用すべきかを判断すると良いでしょう。