ご希望の短大・大学・大学院情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スタディピア
短大・大学・大学院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

大学・短大・大学院情報

大学の部活動/サークル



部活動やサークルに参加すれば、大学生活もさらに充実するでしょう。どちらもスポーツ系と文化系に分かれており、講義以外の時間を使ってそれぞれの活動に精を出しています。野球やサッカー、テニス、バスケットボールなど、スポーツの王道はもちろん、大学生活の始まりと同時にその存在を知るような珍しい団体もあり、まさに千差万別といえるでしょう。

大学での部活動

大学での部活動

部活動は、小中学校や高等学校でもなじみ深く、部員として活動に従事していたという人も多いはず。大きな大会への出場やそこでの好成績を目標として、ほぼ毎日練習を行ない、顧問や監督の教員が指導者として部員たちの活動をバックアップしています。大学においての部活動も同じで、ほぼ毎日、目標に向かって厳しい練習を積み上げます。

大学側からの支援

大学側からの支援

大学が公認する部活動の場合は、スポーツをするためのグラウンドや体育館、体力づくりのためのトレーニングルームなど、充実した大学の各施設を利用することができます。また、好成績を収めているチームには、援助金も提供されます。

厳しい練習も覚悟

厳しい練習も覚悟

練習頻度も高く、上下関係も重視されるイメージを持たれますが、すべての大学の活動がそうとは限りません。しかし、大学の部活動からプロスポーツの世界へ進む学生も多数いますので、強豪チームはやはり相当の練習量をこなす必要があります。

大学から始める部活動

大学から始める部活動

ラクロスや漕艇といったスポーツは、大学から競技に臨む人が多いため、努力次第で大会でも上位に食い込むことができる可能性が高いといえます。それまでスポーツを経験してこなかった人にも門戸は開かれており、新たにチャレンジする人もたくさんいます。

大学でのサークル

大学でのサークル

サークルは、主に自由な活動方針を掲げる団体で、練習日なども集中的な日程が組まれることはあまりありません。ここが部活動との大きな違いです。また、学外での活動も目立ち、長期休暇シーズンになると、キャンプや旅行など、本来の活動とは異なるレクリエーションに繰り出したりもします。部活動と同じく、文化系とスポーツ系に大別されます。

参加目的

参加目的

「交友関係の拡大のため」という目的で参加する人も多いのが特徴です。部活動に比べて普段の活動頻度が低いため、学業とアルバイトの両立も部活動よりはしやすいとの声もあります。

公認と非公認

公認と非公認

部活動は大学側がその活動を認め、手厚い支援を受けています。もちろん、サークルにも大学公認の団体がありますが、一方で、非公認で活動を続ける団体も多く存在します。活動目標に向かってメンバーが集まれば、サークルは成立します。大学非公認でも素晴らしい活動をしているサークルもあるため、一概に公認・非公認がサークルの質の判断材料になるとはいえません。

多様な種類

多様な種類

サークルは設立自体も自由度が高いことがポイントですから、ユニークな活動や、マニアックな活動に従事する団体も少なくありません。同じ趣味に対して情熱を注ぐ人の集まりという側面も持っていますので、時にサークルは同好会とも呼ばれます。主に入学時に勧誘活動が行なわれるため、自らの趣味に合うサークルを積極的に見つけるのも良いでしょう。