ご希望の短大・大学・大学院情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト短大・大学・大学院リサーチ

大学・短大・大学院情報

大学のキャンパス/学内施設



キャンパスとは、大学の建物、図書館、教室棟など、学内施設を含めた構内全域のこと。また、大学の敷地が複数の場所に分かれている場合、その個々の敷地を指す場合にも使われます。

キャンパスの概要

キャンパスの概要

日本の多くの大学は、複数のキャンパスで構成されており、学部によってキャンパスのある場所や地域が異なります。学年によって通うキャンパスが変わることを学年割れと呼び、この場合、1・2年次と3・4年次でキャンパスが異なるというケースが多いです。また、大学側が学部を新設する場合、従来の敷地に設置することが困難であれば、離れた地域や場合によっては市町村の垣根を越えて設置することもあります。

都心型キャンパスと郊外型キャンパス

都心型キャンパスと郊外型キャンパス

大学は、都心(街中)と郊外のどちらにもあります。緑あふれる広大な敷地に学生が集うというイメージがありますが、都心型キャンパスの場合、用地を広く設けることができないため、建物は高層ビル化する傾向があります。それに対して郊外型キャンパスは、土地を十分に確保することができるため、開放感に満ちた雰囲気が特徴となっています。

建物の魅力

建物の魅力

長きに渡って伝統を有するキャンパスには、古き良きたたずまいの建物が残り、それが景観美にひと役買うこともあります。建物によっては、登録有形文化財に指定されているものもあり、そういった歴史的な価値ある建物の中で学ぶことに憧れを抱く受験生も多いようです。なお、登録有形文化財に指定されている大学の建造物には、東京大学の安田講堂、青山学院大学の間島記念館、学習院大学の正門・厩舎他全7つの建造物、一橋大学の兼松講堂などがあります。

多様な学内施設

多様な学内施設

いわゆる教室と呼べる形態の部屋は、大小様々な講義室、研究室や実習室、ゼミナール生専用のゼミ室などです。また最近は、卒業前にある程度のPCスキルを身に付けておくのは必須という風潮のため、PCルームを設けてその技術修得を促進させる大学も目立ちます。他には、専門書を数多く所蔵する図書館、入学式などの各種行事を行なう講堂、職員が集う事務室、就職情報を発信するキャリアセンター、学生たちの悩みを聞きアドバイスを提供するケア施設、グラウンドや野球場、部室などのスポーツ関連施設、フードコートスタイルの学食やカジュアルなカフェレストラン、書店、コンビニエンスストア、ファストフードチェーン、生協などが備わっています。なお、カフェに関しては、経営学部や経済学部の体験型講義の一環として、学生自身が経営に携わり、キャンパス内に店舗を構えるといった事例もあります。

珍しい学内施設一例

珍しい学内施設一例

下記のような珍しい施設を備えている大学もあり、話題作りにも役立っています。