ご希望の短大・大学・大学院情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト短大・大学・大学院リサーチ

大学・短大・大学院情報

大学の教授/講師



大学で学生の学びを指導するのは、教員と呼ばれる職務に就く人々です。大学をはじめとする高等教育機関の教員には、様々な職階が設けられており、その最上位に位置するのが教授です。以下、准教授、講師、助教、助手と続き、大学によっては研究員や技術補佐員といった職階も存在します。なお、助教授という職階も耳にしますが、これは2007年(平成19年)に学校教育法の一部が改正された際に廃止され、現在は准教授の名称が使われております。

教授とは

教授とは

教授は、特定の分野において、優れた知識や技術を有し、それらを生かして学生の指導にあたる人物を指します。また、自身でも研究を進め、新たな技術の開発や理論の構築などにも積極的に取り組みます。

教授への道

大学教授になるには、各大学や専攻分野などによって異なりますが、小中高の教諭のように国家資格を取得しなければならないということはありません。一般的な例としては、大学に入り、その後大学院へ進学。続いて、研究者としての道を歩み始め、実績を積み、助教、准教授となってから教授になることができます。なお、大学設置基準第14条によれば、博士学位を取得し研究上の優れた業績を持つ者、学位規則第5条の2に規定する専門職学位を有し、当該専門職学位の専攻分野に関する実務上の業績を有する者、専攻分野について、特に優れた知識及び経験を有すると認められる者など、合計6つの条件が述べられており、うちいずれかに該当すれば、教授となる資格を得られます。

教授職の種類

教授にもいくつかの種類があります。以下、一例を紹介します。

  • 名誉教授(教授などを勤めた経験があり、その活動の中で特別な功績を上げた者)
  • 主任教授(学部や学科内における教授のリーダー職)
  • 特任教授(企業や大学を定年退職し、再度教授職として招かれた者)
  • 客員教授(常勤ではなく、不定期勤務の教授職。大学との単年契約が主流)
  • 招聘教授(大学が理想の教育を実現する上で、他大学などから招いた教授)
  • 臨床教授(大学病院などに勤め、医学生の教育にあたる者)

講師の詳細

講師の詳細

講師は、学校教育法に規定が記された職階ではありませんが、各大学がその必要性を感じた際に置かれます。教授と准教授に準ずる職階で、専任講師と非常勤講師に分けられます。前者は、教授や准教授の職務の助けを担い、自身の研究にも力を注ぎ、ときには学生に対して講義を行ないます。後者は、特定の科目を受け持ち、講義のみを担当します。非常勤講師は、特定の大学だけでなく、複数の大学で教鞭を執ることができます。

著名な大学教員

著名な大学教員

各大学で講義を行なう教員には、芸能や芸術、文化の領域で輝かしい功績を残した有名な人物もいます。大学はそうした人物を非常勤講師や客員教授として招聘し、学生の関心を集める努力をしています。有名なところでは、東京工業大学リベラルアーツセンター教授の池上彰氏、早稲田大学名誉教授の吉村作治氏、多摩美術大学美術学部グラフィックデザイン学科客員教授の竹中直人氏などがいます。