ご希望の短大・大学・大学院情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スタディピア
短大・大学・大学院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

大学・短大・大学院情報

大学の学部・学科/宗教学



仏教やキリスト教、イスラム教など、世界に存在する様々な宗教の歴史や背景、思想、本質的な意味を学び、哲学的・学問的に研究します。宗教者の養成を目的としている大学もありますが、ほとんどの大学は、宗教を学問として捉え、その深部に迫っています。

宗教学部の概要

宗教学部の概要

私たちの人生と何らかの形で関わってきたり、人によっては人生を左右するほど大きな存在であったりする宗教。学問として宗教を学ぶことにより、命、人間、自分などについて深く知ることを目的としているのが、宗教学部です。また、日本人と比較すると一般的には外国人の方が信仰心が強いことから、グローバル社会において大きなテーマとなっている分野です。これらを踏まえ、宗教の本質を探るべく、宗教への理解を深めていきます。研究内容はありとあらゆる宗教現象で、多彩な側面から追及していきます。

宗教学部で学べる学問

宗教学部で学べる学問

仏教やキリスト教、イスラム教などはもちろん、世界各国に存在する宗教や信仰、新興宗教など、あらゆる宗教現象について、歴史や背景、作法など多方面から研究していきます。

神学

旧約・新約聖書の概論や教会史、宗教哲学などを学び、聖書内容を理解する他、聖書の記述が現代にどう対応できるかなどの研究を進めます。大学によっては、牧師や司祭などの宗教家の養成を行なっているところもあります。

仏教学

数千年前から人間に寄り添ってきた仏教の思想や文化、歴史などを、多様な方面から科学的に学びます。また、仏教の諸思想をヒントとした対人コミュニケーションができる人材を養成します。

神道学

日本独自の歴史・文化の核心である神道を追及する分野です。古代から近現代に至る神道を神道学概論や祭祀概論などを通じて、本質を正しく理解します。神職の養成を目的としている大学もあります。

比較宗教学

比較宗教学は、世界に存在する様々な宗教現象を比較し、宗教の真理や本質、歴史や背景、思想などを解明する分野。日本における宗教行事や歴史についても学びます。古い時代から存在し、人間がどう生きるべきかを導いてきた宗教は、現代でもその役割を担っていますが、世界に目を向けると、日本人の宗教への関心はあまり高くないのが実情です。グローバル社会においては、外国語の習得のみならず、宗教やその歴史、文化も理解しておくことは重要になってきます。宗教を多方面から深く考察することにより、現代社会についても考察できる人材を育成していきます。

実習

神職の階位を取得するためには、専門的な講義や演習科目を受講し、特定の神社や本庁などで、定められた期間の神務実習を履修しなければいけません。神職としての奉仕を学生自身が体験することにより、将来の神社界を担う神職の基礎的資質の育成が可能となります。

卒業後の進路

卒業後の進路

大学教授や小・中・高校の教員のほか、僧侶、さらに深く追及する宗教研究者など、宗教に関わる仕事に就職できます。また、宗教に関する専門書の作家や編集者など、専門性を生かした職業を目指すこともできます。