ご希望の短大・大学・大学院情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト短大・大学・大学院リサーチ

大学・短大・大学院情報

大学の学部・学科/体育学



体育学とは、スポーツ競技の指導者や専門的な立場から体育・スポーツの技術力の向上を図る研究者など、スポーツ界をけん引する人材を養成するための学問です。学生は、各種スポーツの研究を行ない、専門的な運動理論と実技力を高め、高度な知性と教養を身に付けます。

体育学部の概要

体育学部の概要

スポーツ理論はもちろん、人体の仕組みや健康について研究する学部のため、体育やスポーツに関してだけではなく、物理などの理系の学問も学ぶのが体育学部の特徴です。また、時代の流れに沿った総合力や実践力を身に付けるため、レクリエーションやスポーツチームの運営学など、様々な内容を学びます。

現在、従来の学校体育を中心にした体育学では時代に対応できなくなってきており、新しい体育学が求められているため、個人の健康や体力の維持だけでなく、スポーツを通じて人間関係やライフスタイルの確立を図るための研究も盛んに行なわれるようになってきました。

体育学部で学べる学科

体育学部で学べる学科

大学によって設置されている学科は異なりますが、主に、下記のような学科が存在します。

体育学科

体育学科は、体育・スポーツの実践と、それらに関連する諸科学の研究を行なう学科です。高校で学んだ保健体育や体育理論を基礎とし、より専門的に学びます。優秀な運動能力と、レベルの高い科学的知識を培います。

武道学科

武道学科は、柔道や剣道、空手道、弓道、合気道などの武道を中心に学ぶ学科です。それぞれの課程において、技術の習得だけでなく歴史や文化などの時代背景も学び、論理的な方面からも武道の精神を追及します。

健康科学科

健康づくりのための運動・スポーツの指導者の育成を目的とするのが健康学科です。また、臨床検査技師や食品衛生管理者などといった資格取得を目指す大学もあります。

社会体育学科

社会体育学科は、体育・スポーツが人間の基礎となるよう、実践的な技術や理論について学ぶ学科です。子どもから高齢者まで、多くの世代がスポーツを通じて生きがいに満ちた生活を送れるように促す指導者を育成します。また、スポーツ活動に関する企画や運営を行なう、スポーツビジネスに携わる人材も育成しています。

スポーツ医科学科

スポーツ医科学科は、人間の健康の維持・増進や、生活習慣病の予防などについて、医科学方面から研究します。具体的には、スポーツによるけがの原因や予防方法、運動療法、リハビリテーションなどについて学びます。救急救命士の資格取得を目指す大学もあり、この場合、救急医学や災害救助などに関する知識や技術を習得します。

卒業後の進路

卒業後の進路

就職先として多いのは、中学や高等学校で、そこでは体育教員や保健体育教員として活躍します。また、スポーツコーチやトレーナー、スポーツクラブや体育施設でのインストラクター、スポーツマネジメントに携わるマネージャーやコーディネーターなど、様々な職種に就くことができます。最近は、スポーツへの関心が高まっているため、専門的な知識や技術を持った人材が多く求められています。