ご希望の短大・大学・大学院情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スタディピア
短大・大学・大学院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

大学・短大・大学院情報

大学の学部・学科/国際学



国際学では、国際社会における国と国との相互理解を目標に、世界各地域の政治・経済、法律、言語、歴史などを学びます。世界の様々な国や地域の社会の実情を捉え、そこで浮き彫りとなった問題を多方向から検証し、改善策を立案します。また、国際企業や国際機関で活躍するため、高度な語学力の修得も目指しています。

国際学部の特徴

国際学部の特徴

国際学部では、外交や開発援助、人や文化の交流、ボランティア活動などを通じ、国と国が良好な関係を築き、争いのない平和な国際社会を築くための方法を総合的な分野から学びます。思想や文化、風習、立場が異なる人々が共存していくための条件を、政治・経済・社会の分析を通じて、深く探ります。国際学部の基礎的な学問として、比較文化学と国際政治学が挙げられます。

比較文化学

比較文化学は、我が国の文化や歴史への理解を深め、各国の文化や歴史、生活や思想を研究し、比較することで異文化理解を図ることが目的の学問です。また、国際的コミュニケーションに必須の外国語能力の他、情報処理能力も併せて修得することで、理解に至る相乗効果が生み出されます。

国際政治学

国際政治学は、国際政治の系統的知識の修得を目的とする学問です。各国の地域研究や政治外交史、政治思想、国際政治の系統、安全保障、社会の歴史などを学びます。また、比較文化学同様、外国語能力を磨くことも推奨しています。

国際学部の目的

国際学部の目的

国際学部は、国家間の相互理解を目指し、世界平和を築く人材を育成するために設置された学部です。国際協調により世界平和を実現することは、人類に課せられた重要な課題です。地球上には、経済先進国と発展途上国、新興国、共産主義国など、様々な国があり、規模や内容は異なるものの、それぞれに社会問題を抱えています。

また、民族間の武力抗争や核、ミサイル発射実験なども行なわれ、世界平和を実現するには、ほど遠いといえる状態です。このような問題を解決するために力を尽くす国際人の育成を目標に掲げ、多くの大学で国際学が学ばれているのです。

学生に豊かな教養と世界各国の事情を深く理解した国際感覚、目標達成意識と幅広い視野、そして、高いレベルのコミュニケーション能力を身に付けてもらうことが国際学部の学びの目的です。

昨今のトレンド

昨今のトレンド

1・2年次では、一般教養科目や外国語とともに、国際関係概論や国際関係史などの共通専門基礎科目を学び、3・4年次で国際経済論や国際政治論、コミュニケーション論など、さらに専門的な科目を履修。グローバル社会となって、学生の視野が海外に積極的に向けられるようになってきたことから、各大学の学部や学科も個性的かつ多彩になりつつあります。

卒業後の進路

卒業後の進路

身に付けた国際的視野と高い語学力を生かして、商社やメーカーなどで働く人が多いです。他にも、外交官や国際公務員、通訳、マスコミ、観光関連、海外経済協力機関の職員といった進路もあります。また、より優れた国際感覚と語学力を養うため、海外の大学や院に留学する人も増えています。