ご希望の短大・大学・大学院情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト短大・大学・大学院リサーチ

大学・短大・大学院情報

大学の学部・学科/薬学



薬学部は、薬剤師の育成と、薬品開発研究者の育成を目的とした学部です。2006年度(平成18年度)から6年制が導入され、さらに高度な知識を有する薬剤師や薬品開発者の養成に力が注がれています。大学によっては、6年制のみが設置されている場合と、6年制と従来の4年制の双方を併設している場合があります。

薬学部の学び

薬学部の学び

6年制と4年制での研究内容は、それぞれ大きく異なります。6年制では、薬剤師を育成することが主な目的に掲げられ、1年次で基礎科目を、2~4年次で実習も含めた、専門科目を学びます。5年次では長期に渡る実務実習を受け、6年次で薬剤師国家試験に向けた研究を実施します。なお、4年制では、企業や研究者の道に進む人材を育成することを目的としています。1年次は基礎科目を徹底的に学び、2年次に薬学の基礎科目を学習。3年次も引き続き薬学の基礎科目を学び、さらにゼミナールにも参加して、研究を行なわなければなりません。4年次では応用研究に取り組みます。

6年制と4年制について

6年制と4年制について

薬学部の6年制が導入されてからは、薬剤師国家試験を受験できるのは、原則6年制学部・学科の卒業生に限定されました。これは、医療技術が年々高まったことや医薬の分業が進展したことなどに伴い、文部科学省が定めたものです。その目的としては、より高い資質を持った薬剤師の養成が挙げられます。

4年制学部・学科の卒業生による薬剤師国家試験の受験については、2017年(平成29年)度までの入学者に限っては、大学を卒業した後、薬学関係の修士課程、または博士課程を修了し、医療薬学系科目や実習などの単位を追加で履修。そして、6年制の卒業生と同等の知識と技能を身に付けたと厚生労働省が認定した場合のみ、受験資格を得ることができます。

昨今のトレンド

昨今のトレンド

新しい医療の研究開発が進み、専門性が高まっています。医療における薬剤師の役割も、従来から大きく変化を遂げました。高度な医療チームのメンバーとなり、薬が患者にもたらす効果・副作用を専門知識に基づいて医師に提言するなど、薬の専門家としての期待が寄せられているといえます。4年制から6年制へと制定されたのもこうした期待やニーズに対応するためであり、学生は長期の実務実習を受けることにより、現役の薬剤師の業務を自ら体験し、医療現場の実態を深く理解することができるのです。

卒業後の進路

卒業後の進路

薬剤師の免許を取得できれば、病院や薬局・薬店に就職でき、薬剤師として勤務することが可能です。この他に、製薬・化学・食品などの企業で、開発者や研究者として新しい薬品などの創出に注力する人もいます。また、6年制が導入されたことで、大学院への進学者も増加傾向にあります。

薬剤師

薬剤師の仕事は、薬剤師法に従い、薬剤師法薬の専門家として、処方箋に基づいた医薬品の調剤や、患者、一般消費者に対して薬の飲み方や安全上必要な情報の提供です。また、災害が発生した時などは、被災現場に向かう医療チームの一員となり、医療品や衛生用品などの仕分けや管理を担当します。