ご希望の短大・大学・大学院情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト短大・大学・大学院リサーチ

大学・短大・大学院情報

大学の学部・学科/教育学



教育の本質を捉え、その正しいあり方を模索・検討するのが教育学です。学校教育に限らず、社会的、文化的な視点からも教育を研究し、いじめや登校拒否、引きこもりといった、教育現場の課題の解決策も講じます。

教育学部の概要

教育学部の概要

教育学部としては、教員の養成ももちろんですが、それとは別に、理念や教師の使命、教育の目的や内容、教育の歴史や制度の変遷なども科学的・実証的に研究しています。生徒一人ひとりの心身の成長を促進させるための学校教育を中心に、生徒が主体的に望ましい進路を選択できるようにするためのキャリア教育、企業が従業員を養成するための企業内教育も研究の対象です。文化学や社会学、心理学など、関連する分野の知識も修得します。場合によっては、小説や映画、演劇なども研究材料に用いられます。

教育学部のカリキュラム

教育学部のカリキュラム

1・2年次に、教育学概論、比較教育学などを学び、3年次以降で高度な専門研究に臨みます。教育学は、教員養成が主要な目的ではないため、教育実習などの科目は組み込まれていませんが、必要な単位を取得すれば、教員免許を取得できる大学もあります。

基礎課程

基礎課程では教育学の理論を中心に学びます。具体的な分野としては、教職概論、教育哲学などで、他には教育心理学といった心理学系や教育社会学、教育制度論といった社会学系も学習。さらに、人格形成の基礎づくりに必須となる文化学系、人間科学系などの学問も詳しく学びます。

専門課程

専門課程では、青年心理学、社会心理学、発達社会学、学校カウンセリング論などを学びます。他にも、教育史、教育思想史などを学び、法や制度を扱う分野にも触れていきます。以上に加え、教育現場における課題の解決策を研究したり、教育方法論、授業研究なども学びます。

昨今のトレンド

昨今のトレンド

いじめ、不登校、校内暴力など、頻繁に教育問題として取り上げられる課題に対し、これらが発生する原因を究明する講義が増えています。原因究明と同時に、解決方法についても社会学や心理学など取り入れながら研究します。新しい学科や課程としては、発達教育学科や教育カウンセリング課程などがあり、さらに、子ども学科、子ども発達学科といった、子ども関連の学科の設置が相次いでいます。これらの設立背景には、我が子の教育に関心を持つ親が増えたことが考えられ、今後さらに新たな学科やコースを設立する大学が増えることが予想されます。なお、子ども関連の学科においては、人文学部や人間科学部、心理学部に設置する大学もあります。

卒業後の進路

卒業後の進路

教育や学習支援業を筆頭に、社会教育主事などの資格取得に必要な単位を取り、公務員を目指す人や、大学院に進学して臨床心理士などを目指す人がいます。ちなみに、教員の採用数は拡大傾向ですが、地域によっては競争率が非常に高くなっているところもあります。また、一般企業へ就職する人が多いというのも特徴です。