ご希望の短大・大学・大学院情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スタディピア
短大・大学・大学院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

大学・短大・大学院情報

大学の学部・学科/工学



工学は、古くは軍事技術を意味していましたが、近現代においては、数学と自然科学を基礎として、人間と社会にとって有益な手法や技術を創出し、それらを製品や製法の開発に応用させるために必要となった学問の総称です。

工学部の特徴

工学部の特徴

工学の教育が受けられる工学部は、有能な技術者の養成を目的に設置されています。内容としては、1年次に微積分、基礎物理学、基礎化といった理工系を代表する科目を履修。2・3年次に進むと、学科や専攻ごとに学ぶ内容が大きく変わります。例えば機械工学専攻では、流体力学、機械力学、燃焼工学などを学び、航空宇宙工学専攻では、航空流体力学、宇宙航行力学などを学びます。

また、科学や技術の進歩とともに研究内容やその結果を生かした分野も、進化・増殖し続けているため、工学部は多様な学科に分類されています。以下では、代表的な専攻を挙げています。

機械工学

機械工学

機械工学は、機械を設計、製作するために必要な技術や事項を研究する学問。機械力学、熱力学、材料力学、流体力学の4大力学を基礎として学びます。機械工学で扱う対象物は、クルマや列車を代表する移動・輸送機械、工作機械や作業用ロボット、携帯電話、時計、カメラなどの家電、各インフラ分野におけるプラントなど、形状や大きさは様々です。

応用物理学

応用物理学

応用物理学は、物理学の研究成果を応用して新しい技術の開発を目指すことを目的としている分野です。産業界との関わりが強い物理学の分野であり、超伝導や核融合、レーザー、ゲノムなど、世の中の注目を集める次世代的なテーマを扱います。

土木建築工学

土木建築工学

住宅やビルなどの建築物や道路、橋などの都市造営施設、街づくりなどの都市環境についての研究を行なう分野が土木建築工学です。近年は自然環境を意識し、その保全に役立つ素材や技術をクローズアップする講義も展開されています。また、建築文化の流れやデザインなども学び、設計センスを磨きます。

応用生物学

応用生物学

応用生物学は、生物学と工学を融合させ、生命科学教育に関する知識を学べる学問です。最近では、情報工学と数理工学などの手法を取り入れたカリキュラムにも広がっています。

工業デザイン

工業デザイン

工業デザインでは、日用品から電化製品、工具など、人々が日常で使うものの意匠を突き詰めます。消費者ニーズは多様化し、工業デザインを学んだデザイナーは、デザインだけでなく、高い機能性も備えた製品デザインを追及しなければなりません。CGや3D、CADなど、専門的なコンピュータソフトを使用した講義を行なう大学が増えています。

船舶・海洋工学

船舶・海洋工学

船舶・海洋工学では、海を取り巻く人工物をつくるために必要な知識を修得できます。この学問分野でもコンピュータの使用が目立っており、造船技術や船舶の自動化システム、洋上の風力発電ファームなどについても研究しています。ここで修得した知識を生かし、自動車業界や環境業界に進むこともできます。

卒業後の進路

卒業後の進路

工学は非常に細かな分野に分かれているため、就職先も多種多様ですが、多くの学生は技術者を目指しているのは事実。進む業界としては、自動車、航空、船舶、宇宙、建築、環境、エネルギー、家電と幅広いです。意欲のある学生は、研究をさらに進めるため、大学院へ進学します。