ご希望の短大・大学・大学院情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スタディピア
短大・大学・大学院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

大学・短大・大学院情報

大学の学部・学科/医学



医学は、人体の構造や生理機能を研究し、病気やけがのメカニズムや発生する要因などを解明するとともに、それらの治療や予防、検査に関する研究を進める学問です。

医学の特徴

医学の特徴

医師は、外科や内科、皮膚科、小児科といったそれぞれの専門分野で身に付けた医術を発揮しますが、専門分野以外の知識は不要というわけではありません。そのため、大学では、学生が将来医師となった時、どのような病気にも適切な処置が施せるよう、医学に関するあらゆる科目を6年間で学ばせています。

以前に比べて、現在の医療技術は格段に進歩しました。患者の体の負担を軽減した検査や手術なども、次々に生み出されています。また、不治の病とさえいわれた"ガン"でさえも、発見が早期のうちならば、完治が見込めるようになりました。これらを踏まえると、医学は、日々の研究結果がしっかりと現場に反映されている学門といえます。

医学部の目標

医学部の目標

医学部の教育目標は、基本的な臨床能力を備えた良医となる人物を育成することです。一般的には、1年次で一般教育、2・3年次では基礎医学、3・4年次で臨床医学、5・6年次は医療現場での臨床実習を体験するという流れです。そして、医師国家試験に合格し、医師免許を取得することを到達目標としています。臨床医になるには、大学を卒業し、さらに2年間の臨床研修を受けることが義務として課せられています。また、医師には、看護師や理学療法士、薬剤師、管理栄養士らとのチーム医療の実現が求められているため、患者との対応を含めた対人能力を磨いておくことも重要です。

臨床実習

学生は、5・6年次になると、多くの時間を臨床実習に費やすことになります。研修医として大学病院などの各診療科を回り、患者を受け持って病状の経過を観察したり、治療方法などについて医師からの指導を受けたりします。

医学部で学べる学問

医学部で学べる学問

医学の学問は、生理学や病理学、ウイルス学などの理論を学ぶ基礎医学、内科系や外科系を学ぶ臨床医学、法医学や予防医学などを学ぶ社会医学の3つの分野に分けられています。

最近のトレンド

最近のトレンド

現在の医療に求められるニーズは、かつてと違い、大きく変化してきました。完治が困難で治療に長期間を要する病気やけがの場合でも、ただ延命することだけを求めるのではなく、患者が前向きに生きることを重視した「クオリティ・オブ・ライフ」の考え方も提唱されています。もはや医師は、治療や救命だけでは患者の思いに応えているとはいえず、医療スタッフや患者の家族とも協力し、患者の心身のケアも含めた総合医療が重要となっています。

卒業後の進路

卒業後の進路

進路としては、医師国家試験を受験して各科の臨床医を目指す人が大半を占めます。現在では、小児科や産婦人科など特定の診療科の医師不足や、地域によって医師や病院の数に大きな偏りがあることが問題となっている他、若手・中堅の専門医が現場に望まれていることなどから、意欲のある優秀な人材が求められています。なお、大学や研究所で基礎医学研究に取り組む人もいます。