ご希望の短大・大学・大学院情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スタディピア
短大・大学・大学院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

大学・短大・大学院情報

大学の学部・学科/社会学



人が形成する社会における事象・現象のメカニズムや因果関係を検証、解明していく学問が社会学です。国際社会、地域社会、メディア、福祉、環境など、多用な研究分野があり、細かな学科やコースに分けられます。

社会学の概要

社会学の概要

私たちが生活する社会は、個人とその集合体である組織によって形を成しています。社会学では、組織においての個人の役割や思想を研究し、現代社会の構図を解き明かします。また、社会が人間に及ぼす影響や人間が社会に及ぼす影響、社会に生まれた文化や風習などについても研究し、複雑な現代社会の実態に肉薄。研究内容は、企業、団体はもちろん、家庭や個人、学校、観光、メディア、宗教、言語、流行など、多岐に渡り、以上の内容は国内だけでなく、海外の国々についても対象となります。

なお、現在進行形の社会全体が研究対象となるので、研究する内容は常に変化します。初めは、社会学の基礎理論を履修し、年次を重ねるごとに様々な応用科目を履修して、知識の幅を広げます。

社会学の目指すところ

私たちが生活する上で、当たり前に起こっている事象や現象には、それらが起こるに至った要因や背景が必ず存在します。研究を突き詰めていくことで、より理想的な現代社会の姿を模索することができたり、社会の裏側を知ることで、新たな問題が垣間見えたりということも多々あります。その問題に対しての改善策を立案・検討するのも、社会学を学ぶ者の使命だといえるでしょう。

社会学のトレンド

社会学のトレンド

研究領域が幅広い社会学の中で注目を浴びている分野として、ソーシャルネットワーク、オタク文化、ライフスタイル、凶悪犯罪や青少年問題、格差社会、失業問題、福祉、観光、IT、メディアなどがあり、いずれもニュースや情報番組では頻繁に取り上げられています。学生たちもこれらの分野の事例に関しては、普段から耳にする機会が多いため、研究対象として取りかかりやすいというイメージを抱きます。また、こうした学生の志向に対して大学側も対応し、現場で体験できる実践的な講義体制を敷いたり、実際の企業に出向いての実習や各界から専門家を招聘しての講義などを積極的に実施しています。学生たちは従来にはないユニークな講義を受けることで、より社会学に興味を持てるようになるなど、社会との接点を見出すようになります。

卒業後の進路

卒業後の進路

研究領域が広範囲であるのと同様に、就職先も多岐に渡る傾向があります。中でも顕著なのは、テレビ、雑誌、新聞などのマスコミ関連で、広告関連に進む学生も多く見られます。マスコミ各社は例年狭き門であるため、一般企業も同時に志願して、広報活動に携われるマーケティング職や宣伝部への配属を希望するという動きも見られます。なお、高齢化社会を迎えて現在福祉の需要が高まっているため、社会福祉士、介護福祉士などの資格を取得して、老人ホームなどで専門職として働くケースもあります。