ご希望の短大・大学・大学院情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト短大・大学・大学院リサーチ

大学・短大・大学院情報

大学の学部・学科/商学



商学は、経営学との違いを問われがちな学問です。事実、両学の学問領域は、企業・団体の組織運営や活動、財務、会計、マーケティングなどに及び、共通科目が多いのが特徴。中でも商学部は、モノやサービスの消費や流通、取引について専門的に学び、経営学では企業を取り巻く条件や事象を中心に学びます。各大学では、経営学部の中に商学科として包括されていることもあります。

商学の概要

商学の概要

一般的に私たち消費者は店舗や企業に代金を支払い、それと引き換えに対価としてモノやサービスを手に入れます。しかし、それらが店舗に並ぶまでには、生産者やメーカー、仲卸業者、物流業者、小売業者など、様々な事業者が関わるモノやサービスの流れが介在しており、商学ではこの構造を明らかにしています。また、単純にモノやサービスの流れや構造を学ぶだけでなく、流れの過程で発生する契約事項や流れを円滑にするための手段やシステムなども学習します。学びのテーマとしては、流通、マーケティング、広告、消費者行動などの商業系、経済系、金融・保険系、会計系に分かれています。

商業系

流通、マーケティング、広告、消費者行動、商業史、交通理論、貿易理論、貿易政策など

経済系

ミクロ・マクロ経済、経済原理、景気の動向・変動、計量経済、経済史など

金融・保険系

金融理論、証券市場、ファイナンス、損害・社会補償、リスクマネジメントなど

会計系

原価計算、財務会計、簿記、税務、国際会計など

トレンドと人気の科目

トレンドと人気の科目

インターネットの普及により、現在は生産者・メーカーと消費者が直接取引を行ない、モノやサービスなど、商品のやりとりを簡潔に行なえる時代となりました。こうした通販市場は加速度的に大きくなり、その勢いは止まることを知りません。逆に店舗ではく、個人単位でも商品を売ることができ、アイデア次第では大きなビジネスとして成立させることもできます。この活気ある通販分野やデジタル商法は、今や学生たちの関心の的。特に注目されている分野ですが、そこに潜むトラブルも多いので、危機管理も含めて体系的に学習する必要があります。

また、広告マーケティングなどは、継続的に人気の学問で、有名な企業の戦略を題材に講義を展開。華やかな広告業界のイメージが学生たちの興味をいっそう促進させています。さらに、企業の世界では国境を超えての取引が顕著であり、ここにおいても電子的な手段を使った商取引が進行中です。こうした背景を受けて、大学側は、国際商学コースや学科を設置し、併せて外国語にも力を入れて、国際ビジネス人の養成に務めています。

卒業後の進路

卒業後の進路

流通や小売、金融・保険関係へ就職を希望する学生が多く、製造業への就職も目立ちます。在学中にファイナンシャルプランナーや簿記検定、公認会計士、税理士、証券アナリストなどの資格取得に挑戦し、その道のスペシャリストを目指す学生も多数です。