ご希望の短大・大学・大学院情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スタディピア
短大・大学・大学院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

大学・短大・大学院情報

大学の学部・学科/経営学



経営学とは、企業の運営方法や企業が利益を上げるために取るべき行動について学ぶ他、会計や金融、マーケティング、消費者行動なども、これに包括され、実社会で役立つ幅広い内容を扱っているのが大きな特徴です。

経営学の概要

経営学の概要

経営学は、企業が日々の活動を継続・発展していく上で必要となるモノや手段のすべてが研究の対象。ですから、前述した会計や金融、マーケティングなども含まれています。また、NPO(非営利団体)や各地域の自治体、協同組合、病院などもそれぞれの組織を継続・発展させるために、日々経営を行なっていますので、それらにおいての経営手法および周辺分野の研究も進められます。

多くの実学的知識を学べる経営学は、「経営学」「商学」「会計学」の3部門に大別されます。大学では、これらを体系的に学ぶことによって、学生たちは経営に対する興味を醸成することができます。

経営学

個々の企業や団体経営の原理や歴史を学び、企業を長期安定的に運営するための理論を構築します。

商学

商業行為の実態を流通、貿易、金融、証券、会計などの分野から解き明かす学問です。モノやお金が絡んだ取引のメカニズムが理解できます。

会計学

企業や団体がそれぞれ活動を行なった結果、生まれた利益や損益を数値化し、内外部の利害関係者に情報として提供するための取り組みやシステムを学びます。

昨今のトレンド

昨今のトレンド

広告宣伝関連やマーケティングは、継続的に学生から支持を集めており、ITビジネスやベンチャー企業について学ぶ講義も年々注目度が高くなっています。また、近年はオリンピックやサッカーのワールドカップなど、スポーツの一大イベントが開催されるたびに大きな話題となり、世間をにぎわせます。ニュースでは、これらのイベントがもたらす経済効果が大々的に報じられ、今やスポーツはスポーツビジネスとして巨大な市場を形成しました。そこで、スポーツビジネスについて学ぶ学科やコースを設立する動きが各大学で活発化しています。他には、グローバルビジネスを展開する企業についても学ぶことができ、海外志向を持った学生に人気です。

体験的な講座

体験的な講座

地元の企業や自治体と連携する大学も増えており、実際に学生がその地域における課題を見つけ、それらを解決するために大学と連携を結んでいる企業と協業して施策を立案し、実行に移すという体験的な講座も注目されています。座学の講義よりも実践的で、楽しみながら能力を向上させ、ノウハウを取得することができると、学生からも好評のようです。

卒業後の進路

卒業後の進路

経営学は、汎用性の高い知識を得られる学問なので、様々な業界に就職できる傾向があります。具体的には、小売や流通、金融、製造、住宅・不動産、情報通信、サービスなどです。職種としては、営業職や経理・財務関係が多く、資格を取得して会計士や税理士といった専門職に進むという方向性もあります。