ご希望の短大・大学・大学院情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト短大・大学・大学院リサーチ

大学・短大・大学院情報

大学における貸与型奨学金



返済義務のない「給付型奨学金」に対して、卒業後に返還しなければならない奨学金のタイプを「貸与型」といいます。貸与給付金は、返還したお金を後輩の学生に貸与していくことで成立しているため、確実な返還が重要とされています。

貸与型奨学金の仕組みと問題点

貸与型奨学金の仕組みと問題点

学生を支援する奨学金制度には、たくさんのメリットがありますが、その一方で問題点もあります。

返済

返済

奨学金の貸与を受けた人は、卒業後の一定期間内に返済することが不可欠です。なぜなら貸与型奨学金制度では、学生が返済したお金で、また次の後輩を支援する仕組みがとられているためです。奨学金貸与の際に連帯保証人を立てた人は、万一返済が遅れた場合、保証人にも迷惑がかかってしまいます。そのため、決まった日に必ず返済することが重要となるでしょう。

返済の方法については、様々な機関ごとに定められています。奨学金申込み時には、返済方法と返済期間などのルールをしっかり確認しておきましょう。多くの場合において、奨学金の返済は卒業後6ヵ月を過ぎてからスタートします。支払い頻度は年に1回まとめて支払うか、2回に分けて支払うパターンが多いようです。

通常、奨学金の返済は銀行口座からの引き落としとなります。卒業前には、口座開設の他に、返還契約書や奨学金借用書を提出することが義務づけられています。

また、返済する意思はあっても返済が難しくなってしまった場合は、正当な理由があれば猶予の申告ができる場合もあります。手続きを怠ったり放置したりすると、金融機関のブラックリストに載ってしまうこともあるので、正しい手順を踏みましょう。

問題点

問題点

様々な機関が奨学金制度を運用していますが、貸与の審査基準が厳しい事例も少なくありません。そのため奨学金制度は、必ずしも希望者全員が利用できるものではないのです。奨学金制度の申請には、世帯年収を公的証明書で提出するなど、多数の書類を提出しなければなりません。学生の学力や体調なども、厳しい審査の対象となります。決して容易に利用できるものではないといえるでしょう。

また、奨学金の貸与年数は最短で設定されているため、学生が留年してしまった際などは、支給の対象外となってしまいます。奨学金の支給がストップしたことにより、結局は退学してしまう学生も数多くいるようです。

そして、卒業後の返済が遅れてしまった場合、金融機関のブラックリストに掲載されてしまうこともデメリットだといえます。ブラックリストに掲載されると、将来的に自動車ローンや住宅ローンを組むことが難しくなる例もあります。

その他、新聞奨学金制度の場合でいうと、当初の契約内容とは異なる労働条件で働くことを強いられ、勉強する時間がなくなってしまう事例が、かつて問題視されてきました。新聞奨学金を利用するには、入学から卒業まで新聞販売店に勤務することが条件となります。販売店で働くことを辞めると必然的に大学へ通えなくなってしまうため、たとえ過酷な状況でも働かざるを得ないという実情があるようです。

以上のことから奨学金制度は、学生生活のみならず、卒業後の返済など問題点もしっかりと踏まえたうえで利用することが大切だといえるでしょう。