ご希望の短大・大学・大学院情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト短大・大学・大学院リサーチ

大学・短大・大学院情報

大学における奨学金制度



大学入学の際には、初年度納付金や新生活の準備など、様々な場面で多額の出費が必要になります。また、在学中にも授業料の支払いなどがかさむため、奨学金制度について知っておくと役立つかもしれません。

奨学金制度の概要

奨学金制度の概要

大学合格後は、経済的な負担が大きくなる時期です。そのため、いろいろな団体や大学が、奨学金制度や教育ローン、学費保険など、学生を経済的に支える制度を設けています。

独立行政法人「日本学生支援機構」が実施した「平成22年度学生生活調査」によると、大学生のうち約5割が奨学金を利用しているという結果になりました。

奨学金制度とは

奨学金制度とは

奨学金制度とは進学に必要な学費や生活費を支援してくれる制度です。大学卒業後に返済する「貸与」型と、返済の必要がない「給付」型の2つに分けられます。貸与型はいくつかの民間機構が主宰しているのに対して、「給付」型では、企業や自治体が主宰しているものが多くみられます。

返済の有無や支給金額、出願資格などは、各団体で異なります。また奨学金によっては、高校在学中の申請が必要な場合もあります。早めの情報収集が大切となるでしょう。

また、私立大では特待生制度を設けている場合もあります。これは、入学試験で特に優秀な成績を修めた学生を対象に、授業料の一部や全額を免除する制度です。

その他、公立大では大学が設置されている地域出身の学生を優遇する「地元出身者優遇制度」があり、これを利用すると、地域外出身の学生よりも学費が安価になります。

主な奨学金制度

主な奨学金制度

現在は、以下の4タイプの奨学金制度が主流となっています。

日本学生支援機構(旧:日本育英会)

日本学生支援機構(旧:日本育英会)

日本の奨学金制度のうち、現在、最も多くの学生に利用されているものです。第一種奨学金(無利息)と第二種奨学金(利息付)の2種類があり、いずれも返済の必要があります。2012年(平成24年)度入学者の場合、第一種奨学金の貸与月額は、自宅外から国公立大に通う場合で51,000円もしくは30,000円でした。また、私立大に通う場合は64,000円もしくは30,000円でした。

第二種奨学金の貸与月額は国公立・私立、自宅・自宅外に関わりなく、30,000円、50,000円、80,000円、100,000円、120,000円の5種類のいずれかから選択できます。

大学独自の奨学金制度

大学独自の奨学金制度

主に、私立大が独自に設けている制度です。貸与型と給付型の両パターンが存在し、大学により内容や条件は様々ですが、2年次以降の学生を対象としたケースが多いようです。

また、入学試験で優秀な成績を修めた学生は、特待生制度を利用できる場合があります。こちらは、授業料の一部もしくは全額が免除されることが多いようです。

地方自治体の奨学金制度

地方自治体の奨学金制度

各自治体が設けている奨学金制度で、保護者がその自治体の住民であることが条件とされています。自治体によっては、日本学生支援機構の奨学金との併用できない場合もあります。多くの自治体において、貸与型奨学金が採用されています。

民間団体などの奨学金

民間団体などの奨学金

その他、様々な民間団体が奨学金制度を主宰しています。例えば「あしなが育英会」や「交通遺児育英会」などでは、保護者が病気や事故で亡くなったり、障害を負ったりした場合に、子どもが支援を受けられる制度を設けています。また、新聞配達員として働く学生が受けられる「新聞奨学生制度」などもあります。