ご希望の短大・大学・大学院情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト短大・大学・大学院リサーチ

大学・短大・大学院情報

大学受験の費用



大学受験の準備や、受験そのものに必要な費用をご紹介します。受験では受験料や予備校などの他にも、様々な出費が考えられます。

受験にかかる費用

受験にかかる費用

大学受験で必要な費用には、大きく分けて受験料、交通費、宿泊費などがあります。中でも受験料は大きな割合を占めています。

受験料※2013年(平成25年)度現在

受験料※2013年(平成25年)度現在

国立大学の受験料はどの大学でも同じですが、公立大学の受験料は若干ばらつきがあります。センター試験3教科以上の受験で18,000円(2教科以下は12,000円)、2次試験は1校につき平均17,000円程となります。

私立大一般入試の受験料は、平均すると1校につき約35,000円となり、歯学系・医学系では40,000円~60,000円かかる場合もあります。私立大の場合はこの他に、願書の購入費用として1校あたり1,000円前後かかる場合が多いとされています。

このように、国公立大と私立大を比較すると国公立大の方が受験料は安価です。ちなみに私立大のセンター試験利用入試の場合は、一般入試と比べて受験料が安いことが多いといわれています。

交通費・宿泊費

交通費・宿泊費

遠方の大学を受験する場合は、交通費や宿泊費が必要になってきます。

例として東京~大阪間を移動すると考えると、交通費は往復約30,000円、宿泊費は1泊約8,000円かかります。もし保護者が受験についていくとすれば、交通費・宿泊費ともに倍額で考えなければなりません。

近頃は優秀な学生を全国から集めるため、私立大だけでなく、国公立大でも地方試験を採用している大学が増えています。

シミュレーション

シミュレーション

受験料、交通費、宿泊費を合わせて、一般的にかかる費用の例をシミュレーションしてみましょう。

地元国立大1校、地元私立大1校、遠方の私立大3校を受験する場合の費用

  • 募集要項代(私立大) 1,000円×4校=4,000円
  • センター試験検定料 18,000円×1回=18,000円
  • 受験料(国立大) 17,000円×1校=17,000円
  • 受験料(私立大) 35,000円×4校=140,000円
  • 交通費(遠方に往復) 30,000円×3回=90,000円
  • 宿泊費 8,000円×3回=24,000円
  • 合計 293,000円

入学までにかかる費用

入学までにかかる費用

受験費用に加えて、家賃、敷金・礼金、生活用品、初年度納付金など入学するまでには様々な費用がかかります。「受験から入学までの費用」は、自宅外通学の場合は以下のような例が挙げられます。

  • 受験費用 293,000円(前項参照)
  • 家賃 61,100円
  • 敷金・礼金
  • 生活用品費
  • 初年度納付金 1,312,146円
  • 合計 2,184,446円

※初年度納付金は、文部科学省「平成21年度私立大学入学者に係る初年度学生納付金平均額(定員1人あたり)」によるもの。その他は2010年度(平成22年度)東京私大教連が発表。

予備校、その他にかかる費用

予備校

予備校

近年は多くの受験生が、受験のために塾や予備校を利用しています。都内大手予備校の一般的な受験クラスの場合、入学金は約70,000円、年間授業料が約400,000円かかるといわれています。

また夏期・冬期講習も、予備校やコースなどにより金額が異なりますが、一般的なコースで1コースあたり約60,000円が相場とされています。

予備校の年間受講料(参考/都内大手予備校)

  • 入学金 約70,000円
  • 授業料(年間) 約400,000円
  • 夏期講習 約60,000円
  • 冬期講習 約60,000円
  • 合計 約600,000円

模擬試験

模擬試験

模擬試験を受けるには、1回につき約4,000円が一般的です。難関大に合格した受験生のうち、半数以上は年間5回以上の模擬試験を受けているといわれているため、模擬試験にかかる費用の年間総額は約20,000円だといえます。

オープンキャンパス

オープンキャンパス

基本的にオープンキャンパスの参加費は無料ですが、交通費などは自己負担となります。付近の大学であれば数千円程度の出費で済みますが、遠方で泊まりの場合は数万円かかることもあります。さらに親子で参加する場合は倍額になるため、オープンキャンパスに必要な費用は幅広くみておくと良いかもしれません。