ご希望の短大・大学・大学院情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スタディピア
短大・大学・大学院
トップページへ戻る
トップページへ戻る

大学・短大・大学院情報

大学の定義



近年の日本では、大学数は年々増え、大学進学率も増加傾向にあります。入学希望者総数が入学定員総数を下回る「大学全入時代」とも呼ばれています。では大学とはどのような場所なのでしょうか。その法律的定義と入学資格、概要についてまとめました。

法律における大学と入学資格

法律における大学と入学資格

日本の大学は、教育基本法や学校教育法などの法律によって定義され、また入学資格も定められています。

法律における定義

法律における定義

まず、1948年(昭和23年)に制定された「教育基本法」。教育の目的が綴られた教育基本法では、「第二章 教育の実施に関する基本」の第七条で大学に関する記述があります。それによると、『大学は、学術の中心として、高い教養と専門的能力を培うとともに、深く真理を探究して新たな知見を創造し、これらの成果を広く社会に提供することにより、社会の発展に寄与するものとする。大学については、自主性、自律性その他の大学における教育及び研究の特性が尊重されなければならない』。

次に、学校について規定している「学校教育法」 について見てみましょう。1947年(昭和22)年の制定以来、幾度の改正がなされた学校教育法を引用すると、『大学は、学術の中心として、広く知識を授けるとともに、深く専門の学芸を教授研究し、知的、道徳的及び応用的能力を展開させることを目的とする。大学は、その目的を実現するための教育研究を行ない、その成果を広く社会に提供することにより、社会の発展に寄与するものとする』(第九章第八十三条)。

つまり双方の法律で使われている用語を用いると、大学とは「学術の中心」であり、「教育」と「研究」を通して、「成果を広く社会に提供することにより、社会の発展に寄与する」場所。これが日本における大学の法律上の定義だと言えます。

入学資格

入学資格

日本の大学(短期大学を含む。大学院を除く)に入学するには、文部科学省が認める「学校教育法」の規定に該当しなければなりません。規定には、例えば以下のようなものがあります。

  • 高等学校又は中等教育学校を卒業した者(法第90条第1項)
  • 特別支援学校の高等部又は高等専門学校の3年次を修了した者(法第90条第1項)
  • 外国において、学校教育における12年の課程を修了した者(12年未満の課程の場合は、さらに指定された準備教育課程(文部科学大臣指定準備教育課程一覧)又は研修施設(文部科学大臣指定研修施設一覧)の課程等を修了する必要がある。)(施行規則第150条第1号、昭和56年文部省告示第153号第2号)

そのほか、全12項目のうちいずれかに該当して初めて、大学進学資格として認められます。

概要と体系

概要と体系

日本の大学には、様々な種別や学習課程が存在します。また大学教育は、高校での教育と比較して、様々な特徴があります。

種別と大学数

大学の種別

種別と大学数

日本の文部科学省の定める高等教育機関は、以下の6つの種別が存在します。

  1. 国立大学法人等
  2. 公立大学
  3. 私立大学
  4. 短期大学
  5. 専修学校・各種学校教育
  6. 高等専門学校(高専)

このうち①~③が一般的に大学と呼ばれ、その多くが4年制です。大学には昼間課程のほかに、夜間課程、通信制などもあります。

大学数と学生数

平成23年度の大学数は日本全国で780あり、うち国立大学は86、公立大学95、私立大学599という内訳です。同じく平成23年度の大学生数は2,893,434人でした。昭和60年は大学数460、大学生数は1,848,698人だったことを考慮すると、大学生人口は年々減少しているにも関わらず、大学数は増えていることが分かります。まさに大学全入時代といえるでしょう。

※2011年8月4日発表の文部科学省 発表データによる

高等教育との違い

高等教育との違い

大学では高校と異なり、学生の教育課程と修了要件の充足に応じて学位が授与されます。そのほか、大学ならではの特徴には以下のようなものがあります。

総合科目と専門科目

専攻や学部に関わらず、人文・社会・自然科学などを幅広く学ぶ総合科目。主に1・2年次で履修し、大学によっては教養科目、一般科目などと呼ばれています。反対に専門科目は所属する学部・学科の分野を深める科目で、いくつかは1年次より履修します。

第一外国語と第二外国語

日本の多くの大学では、第一外国語の英語に加えて、第二外国語を学ぶ授業があります。第二外国語はフランス語、ドイツ語、中国語、スペイン語などから選択し、基礎から学んでいきます。

単位制

大学ではすべての科目に単位数が設定されています。授業に出席し、レポート提出や試験に合格すると単位を取得することができます。必要な単位が取得できないと、進級や卒業ができません。

ゼミ

ゼミナールの略で、専攻分野の中でも、さらに興味のあるテーマを掘り下げていく授業を指します。授業は10人前後の少人数が集まり、討論や実験を通じて自主的に研究を進める形式で行なわれます。3・4年次に開講されるのが大半ですが、近年は早くから取り組む大学数も増えています。

卒業論文

所属するゼミや研究室で行なってきた研究をもとに、卒業時に執筆する論文を指します。